お知らせ

2021 / 02 / 27  15:24

中川原哲治・惠子・里彩 染織布展

中川原哲治・惠子・里彩 染織布展

 ~コロナ禍のなかで現代染め織り布の静かな感動を~

会期:2021年2月26日(金)~3月5日(金)

時間:10:00~18:00〔休廊なし〕〔入場無料〕

会場:山下画廊展示ホール

〔長崎県諫早市東小路町5-6ホームビル2F〕

 *会期は終了いたしました。期間中多くのお問い合わせを頂きありがとうございました。

明治27年創業の実家の染織業をひきつぎ、蚕を育て生糸を紡ぎ、絹となし、現代美術染め織り布の作家の中川原哲治・惠子と娘里彩の新作染織布展を諫早で初めて開催いたします。

NHKでも全国に紹介された中川原家族の生み出す手仕事は、絹の持つ美しい色と色のハーモニーに、やさしくも深みのある風合いをかもしだし、暮らしを明るく新しい装いでつつんでくれます。

次世代の子供さんやお孫さんにも残せる布の数々・・・。ストールやスカーフ、インテリアとしてもお楽しみください。

八王子・山梨・バリ島のそれぞれの工房で野蚕・家蚕を育て、それぞれの地の特徴を生かした染めを行い、新しい創意工夫のもとに織り上げた布。

どうぞお気軽におこしください。

会場内は衛生管理等をしっかりと執り行い、お客様に安全にご来場いただけますよう努めてまいります。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

なお、ご来場の際にはマスクの着用と、入り口に用意しておりますアルコール消毒液と検温をお願いいたします。