取扱い作家

石山 義秀 Yoshihide Ishiyama

石山義秀熊本山都.jpg

「無限・水田」 油彩・キャンバス 80号M(89.4×145.5㎝) 

 

九州の大自然を描き続ける洋画家

石山 義秀 Yoshihide Ishiyama

1953年熊本・天草生まれ。南フランスにある国立エクス・アン・プロヴァンス美術学校を卒業、卒業試験であるフランス造形表現国家上級試験でフランス全土で最高賞を受賞。フレスコ画の研究、数学者ジャン・ピエール・プチと位相幾何学〈無限運動〉の研究をする。8年間の留学を終え帰国後、大自然の息吹と人間の尊厳をテーマに、九州の風景を描き続けている。作品は、位相幾何学〈無限運動〉理論を画面上にその造形を完成させたもので、大自然の雄大さを見事に表現している。作品全体にみなぎる品格と普遍的な印象は「人間の尊厳」が画の底流であり、画家・石山義秀氏に備わっている技倆である。2020年紺綬褒章を受章。現在、下関在住。

石山義秀長崎諫早湾.JPG

「有明海の思い出」 油彩・キャンバス 100号M(97×162.1㎝)

  

残すべき日本の原風景は

日本の精神風土のもつ 悠久の世界そのものである

風土から生まれる ほんとうの豊かさを求めて

『ふるさと』の大自然の息吹と人間の尊厳を歌い上げる

石山義秀緑風駘蕩.jpg

「緑風駘蕩」 油彩・キャンバス 80号P(97×145.5㎝)

石山義秀熊本芦北球磨川.jpg

「無限・小波」 油彩・キャンバス 80号P(97×145.5㎝)

 

石山氏の作品の画面構成の本拠となる位相幾何学とは無限運動の瞬間の位置の定理をさぐる学問である。「部分は全体であり全体は部分である」という名画の条件もこの定理の一つであるが、無限運動は自然界の運動そのものでもある。石山氏の作品は見ていると画面の中を目がどこまでも動いて止まることがない。それは中心がないということであり、画面のどの部分も等価に扱われ連続して行く。だから石山作品は二つに切っても、三つに切っても画面の価値は損なわれずその中で連続し円環している。そこに石山作品が、おだやかでのびのびとした自然の息吹を表出させる特別の世界を呼び出している所以があり、無限に広がる命の輝きが表現されている。

石山義秀熊本山都.jpg

「無限・止水」 油彩・キャンバス 80号M(89.4×145.5㎝)

1 2