取扱い作家

小﨑 侃 Kan Kozaki

小﨑侃.jpg

 おおらかな心の世界

小﨑 侃 Kan Kozaki

1942年熊本市生まれ。木版画家。島原、加津佐を経て長崎市に育つ。大平洋美術学校彫刻科卒。1983年木版画集「合掌」を発表、原爆で家族を亡くした俳人・松尾あつゆきの句集木版画で大きな反響を得る。その後、代表作となる「山頭火シリーズ」を発表。全国各地で個展を開催。「葉隠」「蝶々さん 連作」など、詩情豊かな木版画の世界を拓いている。作品はガラス絵、襖絵、彫刻に及び、見る人の心と共鳴し包み込むおおらかな世界がどこまでも深く高く現わされている。

 

 

小﨑 侃 略歴

1942年

熊本市に生まれ、島原、加津佐を経て長崎市に育つ。

1966年

太平洋美術学校彫刻科卒業。

1972年

スペイン、フランス、イタリア、エジプト外遊。

1974年

太平洋美術会賞(木版画)受賞。

1975年

現代美術家協会新人賞(彫刻)受賞。

1979年

9回版画グランプリ展入選。

1982年

現代美術家協会会員賞(彫刻)受賞。

1983年

自由律俳人松尾あつゆき句集木版画集「合掌」発表。ヨーロッパ各地で木版画巡回展。

1988年

「山頭火シリーズ」に着手、九州をはじめ全国各地で同展開催。

1993年

侃美術館が長崎県東彼杵竜頭泉峡に開設される。

1995年

長崎とアメリカ・セントポールの姉妹都市提携40周年を記念し、セントポールで作品展開催。

2001年

ハウステンボス美術館個展。400年前の天正かるた復刻。スイス・ドイツの都市にて個展。

2002年

雲仙ビードロ美術館、熊本「石匠館」個展。

2004年

寂照美術館(山梨県勝沼)個展。

2005年

14回全国・山頭火フォ-ラム(熊本やつしろハーモニーホール)個展。

2006年

太平洋美術会評議員・審査員。市川森一(脚本家)書下ろし新聞小説「蝶々さん」挿絵連載(長崎新聞)。

2009年

長崎市丸山公園に「坂本龍馬像」建立。「小﨑侃青春のデッサン」連載(長崎新聞)。

2015年

長崎のモダンから漂泊の俳人山頭火まで 小﨑侃新作展(大丸福岡天神店)開催。

2016年

長崎のモダンから漂泊の俳人山頭火まで 小﨑侃木版画とガラス絵展(熊本鶴屋百貨店)開催。

版画、彫刻、ガラス絵などの創作活動を行う。全国各地での個展開催400回を超える。

 

1