取扱い作家

川口 久敏 Hisatoshi Kawaguchi

川口久敏黄の風景.JPG

「黄の風景」 アクリル グアッシュ・布 画面26.5×26.5㎝

 

生活の中の小宇宙

川口 久敏 Hisatoshi Kawaguchi

1952年長崎・諫早生まれ。東京でデザインを学ぶ。パウル・クレーの作品に憧れる。25歳で帰郷、生まれ育った地で作品制作をつづけ発表している。作品は、一つ一つの色が意味をもち出逢うことで空間を生む。そこにリズムが生まれ、強弱や遠近やドラマが生じ、新しい調和を誕生させる。制作は毎日欠かさず行われ、生活の一部となり、生きる喜びとなり、そして作品が生み出される。川口氏の絵はいつも楽しさと喜びに満ちている。

川口久敏入口.jpg

「入口」 アクリル グアッシュ・布 画面26.5×26.5㎝

 

 

 

川口 久敏 略歴

1952年

長崎諫早生まれ。

1974年

阿佐ヶ谷美術学校卒業。

1990年

9回現代日本絵画展(宇部)渡辺翁記念文化協会賞受賞。

1994年

1回長崎新美術展(長崎県立美術博物館)入選。

1998年

5回長崎新美術展奨励賞受賞(長崎県立美術博物館)。

1999年

6回長崎新美術展大賞受賞(長崎県立美術博物館)。

2001年

長崎県展審査員。

2003年

36回西日本美術展(石橋美術館)入選。

2004年

ビエンナーレくまもとⅡ(熊本県立美術館)入選。

2006年

青木繁大賞展奨励賞受賞(石橋美術館)。

2008年

ビエンナーレくまもとⅣ(熊本県立美術館)入選。

2010年

英展(田川市美術館)出品。

 

個展・グループ展多数開催。

1